スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

  • 2011.02.13 Sunday
  • -
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

永遠の0(百田尚樹)

 
久しぶりのこのブログ再開(笑)
最近また読書に嵌ってるので読んだ本の感想などを書きます。



永遠の0 (講談社文庫)

戦時中に亡くなった祖父のことを調べる姉弟の話。
フリーライターの姉の依頼でプー太郎の弟が祖母の死に別れた夫(祖父)のことを調べることになる。最初は嫌々調べていたが戦後60年以上経って戦争経験者も減り、祖父のことを調べるのは今が最後ではないかと思い始める。しかし祖父の知り合いから聞く話は散々なものだった。祖父は臆病で「日本のためなら死ねる」と教育されてきた当時の日本人から非国民と呼ばれるほど「妻と子のために生きて帰る」と常に豪語していた。戦闘機を巧みに操る天才的な腕があるにも関わらず異常なほど慎重で無傷で戻ってくる祖父を憎んでいる仲間は多かった。そんな男が何故戦争で死んだのか?姉弟は調べていくうちに祖父の信念、強さ、戦争の悲惨さ・・・様々なことに気づく。

前評判通り泣けた!!戦争のことがリアルかつ分かりやすく書かれていて読みやすく興味をそそる一冊だった。フィクションなんだろうけどノンフィクションのような錯覚にも陥った。ゼロ戦のこと特攻隊のこと、今と変わらぬ日本のお役所仕事のバカバカしいこと・・・。泣いたり怒ったり温かい気持ちになれたりと最高の一冊だった。この本を読んで読書を再開したくなった。文句なしの



スポンサーサイト

  • 2011.02.13 Sunday
  • -
  • 22:26
  • -
  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

コメント
コメントする








   

calendar

S M T W T F S
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>

new entries

profile

recent comment

categories

archives

recommend

recommend

recommend

recommend

recommend

links

search this site.

others

mobile

qrcode

PR

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM